わんぱく自然探検隊のこどもたちは

 

んぱく自然探検隊のこどもたちは、
 
自然豊かな京都市西京区の桂坂野鳥遊園を拠点に
 
園舎をもたず、
 
よほどの天候の崩れがない限り、山や森など自然の中で過ごします。

 

 
花や虫、風や太陽の温もりなど 
 
四季の移り変わりを五感で感じながら
 
一日 じっくりと遊びます。
 
自然体験をとおして こどもたちは、
 
少し危険なことや少し怖いことにも挑戦したり
 時には

 

雨でずぶ濡れになったり、樹の根っこにつまずいて転んだり

 

 

地域の清掃活動や、ボランティア活動など

 

自然の厳しさや豊かさ、人との関わり方を 学びます。

 

そして 何より
自分たちで遊びを考え楽しみ
計画を立てることを大切にします。

 

なので、
もちろん、設定保育はありません。
 
こどもたちは、山や森のなかでどう過ごすか自分たちで考えます。
 
決して 楽なことばかりではないけれど、
いろいろな体験をこどもたち同士で分かち合いながら、
 
時にはぶつかり合ったり、求め合ったり。
 
そして、
助け合いながら人間関係を学んでいきます。

 

大人たちは、子ども達の遊びや活動に口出ししません。
『見守ること』をこころがけ こどもたちと接します。
 
こどもたちは
自然と共存しながら、形にとらわれるのではなく
 
自由にのびのびと 発想する力や遊ぶ力をはぐくんでいきます。